デジタルで絵を描く機材の選び方とポイントについて

最近はデジタルでイラストやマンガを描く人が更にどんどん増えている印象です。
実際自分は永年絵の仕事をしてきて、独立した今はたまにイラスト講座なんかも開催しているんですが若い人だけじゃなく自分よりも歳の上の人達が多く参加してくれるのを見てイラスト人口の裾野の広さを肌で実感しています。
デジタルで絵を描こうと思うと、まず最初に悩むのがどんな機材を使うかってことだと思います。
実際今は選択肢もさまざまなので、手軽さで行くか腰を据えてじっくり行くか・・・たしかに悩みどころだとは思うんですよね。
 
自分のように絵の仕事をしていてデジタル移行する場合は環境としてはパソコン一択でしたが、今は液タブだけじゃなくタブレットというものもあるのでどうやって描いていきたいかで考えればいいのかなと思っています。
実際、自分主催の講座でもノートPCでくる人が前はほとんどしたがいまはタブレットが半分以上になりつつあります。やっぱり手軽に使えるし、持ち運べるしいいですよね。
 
こちらのサイトさんの記事でもパソコンの選び方については詳しくまとめられていますが、実際買おうと思ったらスペックをしっかり気にする必要があります。そうでないとストレスも溜まってなかなかお絵かきを楽しむ感じにもならないでしょうし、何よりやってて楽しくないんですよね。
だからこそ、デジタルで絵を描いて楽しんでいきたいと思う人にはしっかりした道具もまず揃えた上で楽しんでもらえたらなあと強く思っています。
 
今後もおそらくいろいろな機材がでてくることでしょう、でもあくまでそれらは単なるツールに過ぎません。だからこそ、好きなものを使えばいいし変に肩に力を入れて頑張りすぎる必要もないわけです。
リラックスして、楽しむことがデジタル上達の一番の秘訣だと思います。ぜひ意識して、理想をかなえられる進め方を試してみてもらえたらと思います。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です