キャッシングと住宅ローンの関係

これから新規の住宅ローンの申込みをするに当たって、現在借り入れ中のキャッシングがあることは審査に響かないか気にする人がいます。住宅ローン融資と、他社から借り入れ中のキャッシングがあることは、原則的には別な話です。とはいえ、銀行などが住宅ローンの審査を行う時に、他社からの借り入れ状況を考慮して審査をすることは、珍しくありません。住宅ローンと、キャッシングとの関係性を知っておくことで、家を買う必要があった時にスピーディな行動ができるでしょう。金融機関によって、審査のやり方は違いますが、多くの場合住宅ローンの審査をする時には、キャッシング状況を調べます。このようなさまざまな情報から人物像を審査してきちんと返済ができそうな人にだけローンを貸し出します。信用情報機関には個々人のキャッシング利用状況の情報が集まっており、審査の時は必ずそこに照合をかけます。これまで幾らのキャッシングをしているか、返済状況は問題はないか、クレジットカードでローンを組んでいるかなどが、信用情報センターには5年分残されています。期日通りの返済ができなかったことがあるか、返済時に問題を起こしたことがあるかを、金融会社はキャッシング履歴で確認します。借りたお金を返済しきれている人は、過去にキャッシングを使っていてもマイナス評価にはなりません。今まで、借りたお金を返しきれなかった経験がある人は、住宅ローンの審査に通らないことがあります。もし過去のキャッシングが原因で住宅ローンの審査に通らなかった場合には、5年以上たってから再度チャレンジするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です